仕事

ジョジョの奇妙なシビれるセリフ

日本人なら読んだことはなくても一度は耳にしたことがあると思います!

およそ30年強続いていて総巻数120巻を越える日本を代表するマンガです!

どれだけすごいのかというと、あの有名な家電メーカーのLGがJOJOコラボスマホを作ったり、山﨑賢人主演で実写化されたり、ルーブル美術館から漫画を書いて欲しいと依頼されたり、GUCCIやSEIKOとコラボしたりと世界的にも評価を受けている作品なんです!!

今日はそんなジョジョの中でも僕が特に好きで心に刻み込まれたセリフを3つだけ紹介したいと思います!(全部やるとページがいくらあっても足りない)

セリフの解説はなく思い入れや感想などのみになっているので知らない人からしたらめちゃくちゃつまらないかもしれません。。。

では早速!

第3位 オレは正しいと思ったからやったんだ

オレは正しいと思ったからやったんだ
後悔はない・・・こんな世界とはいえオレは自分の「信じられる道」を歩いていたい!
(第5部:ブローノ・ブチャラティ)

自分の正義を貫くために自分のボスを裏切る形になってしまったブチャラティのセリフですね!

自分が所属する麻薬の密売組織が地元の少年に麻薬を売ってしまうような環境で、なおかつ自分がその組織の幹部を務めているにも関わらず、自分が正しいと思ったことのためにボスを裏切れる心の強さ、自分に対する素直さ。

こんなに大それたことでなくても日常では自分の正しいと思うことよりも他人の正しさや会社の正しさを優先させてしまうことがあるかもしれません。

優秀な方であれば絶対に自分の考え方の方が正しいのに会社が受け入れてくれないこともあるかもしれません。
そんなときにしっかりと自分の信念に忠実に行動できる心の強さ、僕も見習いたいです。

第2位 真実に向かおうとする意志

わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ…近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな…違うかい?
(第5部:アバッキオの元同僚の警官)

アバッキオをかばって銃殺されてしまった警察官のセリフですね。
解釈の仕方や、これを正しいと思うかどうかは人によると思います。

でも僕は結果だけを追い求めて近道をして、真実を見失いたくないなと思っています。

以前営業をやっていた時にこの言葉に出会ったのですが、同期で一番売っている僕と同い年の人がいました。営業を経験されてる方は共感できると思うのですが、この世界はどれだけ売り上げられるかという結果のみで見られることが多いですよね。

僕はその同期のやり方がものすごく嫌いでした。お客さんに聞かれていないからデメリットは話さない、嫌なところを聞かれても直接は答えず話をそらす。
確信的な言葉は使わず、〜と思いますよ!のような言葉を使ってクロージングしていく。そんなやり方で売れるんだったら僕は売れなくていいとまで思っていました。

ただ会社も結果だけしか見ていないのでそんな彼を賞賛していました。
僕の目には彼は結果だけを追い求めて真実を見失っているように見えました(そういった考え方が合わずに転職したのですが)。

物やサービスを通して相手が満足、幸せになってくれる、その対価として自分に売り上げがつくというwin-winの関係こそが僕にとっての営業の真実だったんです。

真実に向かおうとする意志さえあれば、いつかはたどり着きます。

第1位 オレは『納得』したいだけだ!

オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!
(第7部:ジャイロ・ツェペリ)

映えある一位は7部のメインキャラクター、ジャイロ・ツェペリのセリフです。

このセリフには本当に衝撃を受けました。
僕が昔自分の将来や、やっている仕事、プライベートの付き合いだったりでかなり悩みを抱えていた時期に出会ったセリフです。

僕は小さい頃に両親が離婚しており、二人目の父親も僕が学生の頃に別居してしまいました。そんな家庭の長男として育っていたので、少し真面目すぎたのかもしれません。
母親の理想の息子として生きるように、二人目の父親にはあまり可愛がってもらえませんでしたが、それでも怒られないようにと、自分のことよりも周りの目を気にして生きていました。

きっとそれが習慣になってしまっていたんだと思います。
ある時僕はなんで自分が働いているのか、なんのために生きているのか、夢も希望もまったくわからなくなってしまい、本っ当に無気力になってしまいました。

お医者さんにこそいきませんでしたが、完全にうつだったと思います。
そんな時にこのセリフに出会って、自分が今辛い理由が分かった気がしました。

僕は知らず知らずに自分が納得していないことでも周りに合わせて行動する癖がついてしまっていたんです。
周りに気を遣って、自分が違うと思っても表面では従って行動する。
自分に嘘をつき続けることで無自覚にストレスが溜まっていました。

そこから僕は少しずつですが、なるべく自分が納得して動けるように意見を言ったり、自己主張をするよう意識し始めました。
正直今も気を遣ってしまうことだって全然ありますが、それでも前より格段に少なくなっています。前よりもストレスも減っています。

ここから僕は人間は納得していないと動けないし、自分に嘘をつくことでストレスが溜まるんだと思いました。
納得するということは言葉通りの意味ではなく、自分が選びとっているという感覚こそが一番大切なんだと思います。

3つ紹介するだけだったのに自分語りと合わせて長くなってしまいました。。
今回は画像等なしで申し訳ないのですが、気になった方は是非読んでみてください!
そして昔読んだけど全然面白くなかったという方でも是非読んでみてください!大人になるとまた別の面白さが味わえますよ!

本当に魂が打ち震える漫画なので超おすすめです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。