仕事

自己肯定感を高める方法2つ

僕は昔それこそ毎日飛び降りようとか、踏切から電車に突っ込もうかと思えるほどの精神状態だったことがありました。
病院には行きませんでしたが、行っていたらほぼ100%うつだと診断されたと思います。

そんな時に自分がやってみた自己肯定感を高めるワークを2つ紹介したいと思います。

自己肯定感とは

自己肯定感が高い低いという使い方をするのですが、
知らない人もいらっしゃると思うので、まず最初に自己肯定感とは何かというところですね。

自己肯定感とは自己価値に関する感覚であり、自分が自分についてどう考え、どう感じているかによって決まる感覚です。
そのままの自分を認め受け入れ、自分を尊重し、自己価値を感じて自らの全存在を肯定する「自己肯定感」の感覚は、何ができるか、何を持っているか、人と比べて優れているかどうかで自分を評価するのではなく、そのままの自分を認める感覚であり、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在」だと思える心の状態が土台となります。

引用:一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

ものすごく簡単に言うと、能力や容姿にまったく関係なく、自分に対してOK!と思える感覚です。ありのままの自分を愛してあげられるという感覚かなと。

例えば
「僕は周りの友達よりも稼いでるからすごい」とか
「俺はあいつよりもモテるからOK!」などは稼いでる自分、モテる自分を好きなだけで、自分という人間そのものを愛しているのではありませんね。
能力や条件に依存せず、自分という人間に無条件でOKを出せることが自己肯定感が高い状態です。

そして上の例のように他者との比較によって幸せを感じている状態というのは危険だとも思っています。

僕は個人的には人が幸せになる上で、この自己肯定感がないと本当に幸せになるのは不可能だと思っています。

もちろんお金を稼いだり、仕事がうまくいったりして幸せを感じることはできると思いますが、それはお金がなくなったら幸せじゃなくなる、仕事で失敗したら幸せじゃなくなるということなので、本当の幸せとは言えないんじゃないかと思います。

自己肯定感が低いとどうなる?

自己肯定感が低い状態だと「どうせ自分なんて」という考えが自分を支配するので、どんな状態であっても自分を否定してしまいます。
いくらいいことがあったとしても「自分がこんな幸せでいいわけがない」と本気で思ってしまいます。

そして失敗する理由も自分だから仕方ないと全てに対して諦めてしまうようになります。

そうすると、結果が出ない→そんな自分なんてダメだという自己否定→頑張る気力がなくなる→うまくいかない→自己否定という負の無限ループに陥ってしまいます。

このループに入るとどれだけ努力のアプローチを変えたところで何一つうまくいかなくなります。
なので根本の自分に対する価値観を修正していく必要があるんです。

自己肯定感を高めるには?

自己肯定感が低いとなんとなく辛そうだというのはわかっていただけたかなと思います。

僕もなんとか自己肯定感を高くしようと思って何冊も本を読んだり、ネットに書いてある情報をむさぼり読んだりしました。
自己肯定感を高めるワークというのが調べたらすぐにたくさん出てくるのですが、実際に僕がやって効果があった方法を紹介しようと思います。

①鏡に向かってありがとう、愛してる

もうその名の通り鏡の自分に向かって「ありがとう、愛してる」というだけです。
ネットで少し調べると様々なバリエーションが出てくるので言葉は愛してるが入っていればなんでもいいのかなと思います。
これを朝と晩に鏡の中の自分に向かって10回ぐらい呟きます。
ぼくは朝と夜以外にもトイレに行った時や、気が付いた時になるべくちょこちょこやるようにしていました。

ハードルを下げて行うことが大切なので、声に出さなくても大丈夫ですし、1日1回だけでも、2日に1回でも全然問題ありません。
恥ずかしいから棒読みでも全然大丈夫です。

ただ、ここで一番大切だなと思うのは、自分の目を見てありがとう、愛してると伝えることです。

人に見たらおかしくなったのかと思われてしまうのででこっそりやりましょう。

②いいこと日記

これは1日の終わりに自分の良かったところを書き出すというものです。
やることは単純で寝る前に紙でもメモアプリでもなんでもいいので、自分の良かったところを書き出します。
僕の場合個数は最低10個と決めていましたが、10個も書ける日なんてほぼありませんでした(笑)
10個も見つからないと思うかもしれませんが、本当になんでもいいんです。

僕がやり始めた時の日記なんて

①朝ちゃんと起きれた
②○○さんにちゃんとお礼が言えた
③帰って靴揃えられた
④洗濯物畳んだ
⑤電気消して寝れた
⑥夜お風呂に入れた
⑦自分から挨拶できた

とかそんなことばかりでした(笑)
どれも超当たり前ですよね?(笑)でもそういうことじゃないと書けないんですよ。なぜなら基本的には自分のことが嫌いだから。
だから当たり前のことでも振り絞って10個近く出すことが必要なんです。

多いに越したことがないのですが、ただ絶対に10個書かなくてはいけない!ではなく、10個かけたらラッキーぐらいの気持ちでいてください。じゃないと自分にプレッシャーをかけすぎてまた自分のことを嫌いになってしまうので。

効果は?

自己肯定感が低い時というのはとにかく気力もなければ自分が成し遂げられることなんてないというスタンスなので、とにかく動き出すハードルが低いことがマストでした。

でもこの2つに関しては効果があったと思います。

やり始めた初日にすぐ元気になることはありませんでしたが、1週間くらい続けるだけでも自分に対して生きてていいんだとか、鏡に映った自分に本当にありがとうって思えるようになったし、以前よりも人に感謝できるようになりました。

少しずつでも前進を続けたい

僕は仕事ができるようになるためには、自分に自信を持って行動することが大切だと思っています。
どれだけ自分を信頼できるかどうかということです。

そして仕事ができるようになるためだけではなく、幸せになるためにも絶対に必要だと思います。
自分のことを許してあげる自分のことを愛してあげる
それだけで少しずつですが、本当の幸せに近づけるんじゃないかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。