仕事

すぐに寝られると噂の478呼吸法を試してみた!

明日朝早いから早めにご飯も済ませて早めに布団に入ったはいいけど、、、寝れない!
寝なきゃ寝なきゃと思いつつ寝返りばっかりって時ありますよね?

今日はそんな時に使えるお手軽な方法「478呼吸法」をご紹介します!

478呼吸法ってなに?

478呼吸法というのはアメリカの有名な内科医のアンドルー・ワイルという方が発案したものだそうで、

その名の通り

①4秒間鼻から息を吸って
②7秒間息を止めて
③8秒間で口から息を吐き切る

という呼吸法です!

すごく簡単そうですよね?

注意点としては、①の前に息を吐き切っておくことぐらいでしょうか。
息を吐き切っておくことで腹式呼吸の準備をしておきます。

①〜③までを1セットとして繰り返すだけです。
簡単ですよね?

特にコツというのもあまりないのですが、
気持ちはゆる〜くリラックスしながらやるのがいいと思います。
僕自身は寝られないとどうしても焦ってしまうことがあるのですが、焦りも寝られなくなってしまう原因みたいなので。。

あとは7秒も息止めているのがキツイという方は秒じゃなくても、カウントでもいいそうです。
4カウント→7カウント→8カウントという具合で。

実際に試してみて

僕自身も眠れない時はお世話になっております。
ネットを見ているとすぐに眠れたという人がたくさんいるみたいですが、僕は正直に言うとすぐに眠れた!という感覚はあまりありませんでした。

ただ何セットか繰り返している内に気付いたら寝ていたという感じだったのでおそらく10分ぐらいで眠れたのかなと思います。

そしてこの呼吸法というのは元々瞑想のために生まれた呼吸法らしく、
体をリラックスさせる効果があるんだそうです。

少し詳しく話すと脳の前頭葉という人間の思考や感情などを処理している機関部分が
4秒、7秒、8秒とカウントを取ることに集中するので余計なことを考えなくなるんですね。

なので脳がリラックスして眠りにつきやすくなるということみたいです。

最後に

どうですか?簡単そうでやりたくなりましたよね?(笑)

僕は割と夜はすぐに寝られる方なのですが、たまにこの呼吸法をやっています。

というのも継続的にやっていくうちにリラックスする感覚を早く感じられるようになるとのことだったので試しているのですが、正直に言ってめちゃくちゃいいです!

寝るための方法って、色々ありますが、準備が必要なものも多いですよね。
香りでリラックスするとか、、就寝の何分前にはお風呂を済ませておくとか、湯船に長く浸かるとか

478呼吸法の一番いいところって簡単で準備がいらないところだと思うんですね。
早く寝たいけどそのためにグッズ買ったり準備するのは面倒だなぁという方は是非一度試してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。